性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

気分が優れない

過去を思い出して、当時の不快感情を再体験する事が多いから。


改善策は二つ、


一つは、物理的に思い出すような接触を避ける。


もう一つは、思い出したら直ぐに気づいて妄想に浸らずに手放していく。


物理的な接触で手放せるかどうか考えてた。


例えば、不快だから手放したくても肉体的な病気とかは簡単に去っていってくれないし、嫌いな上司は近づいて来るし、


逆に金や美少女は近寄って来ない。


以前ギャルゲーというものをしたら、主人公が家にいるだけで美少女が訪ねてくるし、道を歩けば美少女が話しかけて来てた。


現実ではあり得ないし、仮に仲良くなっても競合相手が常にいるから違う事で精神が乱れる。


彼女つくろうとする時に、一番苦痛なのが彼女の気持ちをこちらに向ける事ではなく、他の男の存在だったりする場合も多い。


過去の不快感の再体験というのは、現実では無い妄想なのに、かなりリアルで肉体的な病気になったり、酷い人は自殺までするほど苦痛なのだ。



自己防衛

自信の無さからの防衛


経験上、言葉にしてわかりやすく伝えてくれる女性は


頭が良い、素直、自分に自身がある、などがある。


頭が良いと、相手視点で物事を考えて言葉に出来る。性格が悪いと相手を騙して自分の利益を得ようとしたりするけど。


素直だと馬鹿でも思った事をそのまま喋るから、何を考えているのかわかりやすい。


自分に自身があると、誤魔化したりせずにストレートにものを言うから。


逆に、何が言いたいのか、何を考えているのか全くわからない奴は平気で嘘をつく。


自分に自身が無いから、素直に喋れなくて、考える事は


「どうすれば嫌われないか?」


なので、本音を隠したり誤魔化したり、臆病さ故に相手がどう思うのかを常に試して負担をかけてくれる。


不安だから安心したくて、相手を試して、更に不安が強くなる。


「どうすれば嫌われないか?」から始まって、好かれる事無く余計に嫌われて、更に本音を隠した誤魔化しが酷くなる。


「どうすれば嫌われないか?」ではなく


「どうすれば好かれるか?」と考えれば、「自分ならどんな人を好きになるか?」と考えて、本音を隠したり誤魔化すというのが対象から外れるからしないようにって考えになったりするのに。


自分に自身が無いというのは、解決策がある。


自信が無さ過ぎて人の目を見て話せずに、言いたい事も言えず、常にビクビクおどおどした態度で、挨拶すら出来なかった私自信がずっとやってきた事なので。



永遠

例えば、恋愛結婚とセックスがしたいなら



出会いを求めて、誘い口説かなければならないから、相手が好まない反応をすると苦痛になる。



好まない反応が返って来る場合の方が圧倒的に多いのに。



そして、それでも誘い口説き続けて彼女が出来たとする。



それで問題解決したとはならずに、再び欲と苦痛を経験する。



その彼女と



もっとこうしたい、もっとこのような反応をして欲しい、違うタイプの女と付き合ってみたいなどなど



彼女が出来る前には無かった欲が発生して、その欲と同時に苦痛もやって来る。



そして、再び行動しても、同じように苦痛を経験し続ける。



そして、彼女が複数人出来たとか、彼女とより親しくなって結婚したとする。



当然、それで満足したから苦痛とはおさらば出来る…



とはならないのだ。



彼女が出来る前の欲と苦痛は無くなっても、違う欲と苦痛が常に発生し続けるから。



例えば、彼女が複数いてたら



会う時間を調整したり、気遣いしたり、怒られたり振られたり、



これら全て苦痛だし、思うような反応をしてくれるよりも



好まない反応が返って来る場合の方が多いから。



結婚したらしたで



彼女の嫌な部分を見たり、子供が出来たらお金の問題が増えるし、教育する手間や時間もかかる。



要するに、欲は絶対に満たされなくて苦痛は常に付き纏うと言う事だ。



それならば、最初の恋愛結婚を追い求めても追い求めなくても同じでは無いかな?と最近は思う。



それが叶っても、苦痛は常に有るからだ。



自然にそのような状態になるなら、その時々で対処するだけで



セットで苦痛を得る事がわかっているのに、わざわざ追いかける程のものなのか?と問うと、はっきりと追うべきという回答にならない。



これは、収入を増やすのも同じだ。



金が無ければ生活出来ないので、最低限の生活費を稼ぐ必要があり、それは欲だとか追い求めるとか考えるだけ無駄で



結果は必要だから得るしかないとなる。



同じように結婚してたら、子供がいてたら生活費は一人よりも増えるからその分稼がなければならない。



欲とか苦痛とかじゃなくて、必要だからしないという選択肢が無い。



選択肢はどのように得るかだけ。



なので、欲はわざわざ追いかけない、必要なのはするしかないのでするだけ。



それが、苦痛を少なくする生き方だと思うのだ。



挑戦して得たものに価値をつけて、その価値が大きいかどうかで成功を計る人が多いけど



何が成功かというそのモノサシは誰かが勝手に決めた事で、絶対のものでは無い。



大金を得た、いろんな女とセックスしたとかで成功具合を男は計り勝ちなんだけど



同時に発生する苦痛は存在しないかのように全く見てない。



だから、大金稼いでいるのに自殺したり、彼女がいるのに躁鬱病で苦しんだりする理由がわからない。