性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

何故女性専用車両があるのか、気になったから色々と調べてみた

簡単に言うと、鉄道会社は女性専用車両を作ることで儲けているという事。そして、それを正当化するのに矛盾を強引に捻じ曲げていると言う事だ。


痴漢対策は建前でしかなく、全ては金である。


防犯カメラの設置を絶対にやらない。


女性による犯罪行為をマスコミは殆ど報道しない。


女性専用車両から男性客を無理矢理降ろそうとして逮捕された女性客が何名もいる。


侮辱、強要、暴行、傷害などで。


ルールを守り、何も違反していない男性に言いがかりをつけたら当然このような刑法違反にも該当する事もある。


女性専用車両導入後に痴漢被害は減らないどころか増えた路線まで出てきたので、鉄道会社は痴漢被害件数を出さなくなった。確実に、鉄道会社の金儲けであり、痴漢対策では無い。



それの理由は女性専用車両は空いている路線が多いのでその分他の車両が混雑し、女性専用車両に女性が集中するので他の車両は男性が多く女性が少なくなる。痴漢する男にとって痴漢しやすくなる状況を鉄道会社が作っているのだ。


それに、男の割合が増える事によって犯人特定も難しくなる。




女性専用車両に貼ってある女性専用広告では、女性にターゲットを絞れるので割高の広告料を取っている。各鉄道会社のHPには女性専用広告の広告料が記載されている。


あとは痴漢対策しているふりができるという事。


女性専用車両を痴漢対策とすることで防犯カメラの設置などお金がかかる対策をしなくて済んでいる。


引っかかるのはここ、


鉄道会社は他の車両に乗車する女性には全く声掛けをしていない。


しかし女性専用車両に乗車する男性には声掛けをして降ろそうとする。



これは痴漢対策としたらおかしいことだと誰もが思うだろう。



女性が女性専用車両に乗らなければ痴漢被害に会う確率が上がるのに。


それなのに女性には声掛けをして乗せる努力をしていないのだから。


しかしこれが女性専用広告での収入目当てだとしたら合点がいく。


【女性専用広告での収入は女性しか女性専用車両に乗らないという前提で女性にターゲットを絞れるので割高な広告料が取れるのだ。これには男性が女性専用車両に乗らないという条件が必須なのだ。なので男性に声掛けをして降ろそうとすると考えれば筋が通る。】


ここ重要で、女性専用車両は鉄道会社の金儲けでしかない。


だから、金儲けの邪魔だから降りろと本音を隠して誤魔化すから、駅員の説明があんなにもめちゃくちゃになるのだ。


それに、障がい者虐待もある。平成28年3月3日の産経新聞には女性からの投稿記事で、「杖を突いて足を引きずっている老男性が女性客にここは女性専用車両だと言われ追い出された」と載っていた。これは障がい者虐待です。


女性専用車両の賛成派の女は感情論のみで、筋が通った説明をされると逃げ出す。まるで朝鮮人みたいで気持ち悪い。いや、朝鮮女なのかも。そう考えれば納得がいく。



以上の事から思うんだけど、まともな女性の方達こそ女性専用車両は反対した方が良いのでは?って思う。


金儲けに使われ、一部の頭のおかしい女と鉄道会社によって女性全員が男性差別を平気ですると思われるようになって来てる。


今現在の若い男に女性嫌悪は広がっているし、草食系と言われ女を誘わないようになっている。


若い女性にとって、望むような恋愛結婚が出来る可能性が減り、より少子化になり、既に結婚してる女性も年金や税金面で大きな影響が有るから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。