性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

女性専用車両という鉄道会社による差別

女性専用車両だけが有るのは、男性差別でしか有りません。専用車両に賛成している女性達は、ご都合主義で差別をしています。


問題なのは、痴漢防止の為に女性専用車両が有るという事ではなく、女性専用車両だけが有るという事です。


痴漢行為に苦しむ女性がいるから対策を考える、ここまでは良いのですが、女性専用車両で痴漢件数は減っていません。


それに痴漢冤罪事件が起きています。そして、痴漢冤罪事件の加害者は女性であり被害者が男性です。これを無視しているからご都合主義の差別なのです。


男性が、この制度を気に入らないからといっても個人で出来る事はしれています。いきなり、鉄道会社の幹部と話せませんし、法整備を訴えるにしても政治家とは話せません。


下から上へと問題をコツコツ上げる事しか出来ないのです。


その、下から上へと上げる活動の一つが女性専用車両に乗るという事でも有るのです。


いまだに誤った認識をされている方もおられますが、女性専用車両に法的根拠は有りません。


鉄道会社が、男性に乗らないようにお願いしているだけに過ぎません。正確には、女性専用車両ではなく女性優遇車両です。


なので、男性が乗っても構わないし駅員はお願いするだけで降りる事を強制出来ません。降りる事を強制したら、その駅員は犯罪者です。


女性専用車両に乗った男性は、本当に男性だったのかという問題も有ります。性同一性障害だったりすると、また違う差別をしている事にもなります。


女性専用車両賛成派が抗議する男性批判をするのは差別でしか有りません。何故なら、他に有効な抗議方法を何一つ提示しないからです。


本来なら、女性側が権利を得たのだから次は義務として痴漢冤罪事件が起きないように活動するのが筋だと思います。


痴漢冤罪加害者の女性の刑罰を重くしろ等の対策を、賛成派の女性から聞いた事は今のところ一度も有りません。


女性専用車両に快く思っていない女性の声はたまに聞きますが、女性専用車両賛成派から痴漢冤罪については聞いた事無いです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。