性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

0時20分

苦しいだけの生活をなんとかしたくて取り組んでいる。


欲があるから追いかけて、叶わなかったら苦しくなり、叶ったところで直ぐに違うものが欲しくなったり失う苦しみを感じるから


叶える努力と欲自体を捨てる努力を同時に行う。


欲の強さからして、食欲の次は性欲と承認欲を。


お金で例えたらわかりやすいけど、金銭的な苦しみから解放されるには、収入を増やす事と支出を減らしても大丈夫な生活を送る事だ。


だから、叶える努力と捨てる努力。


自分の中の承認欲求を観察していると、人に私の好むような扱いをして欲しいっていうのがある。


はっきり言うと、美少女からセックスしようと誘われたいというのがある。因みにデートというオブラートに包んだ曖昧な言い方はあまり好きではない。


セックスとデートのどちらかしか選べない場合、セックスだけを確実に選ぶから。


まぁ美少女じゃなくても良いけど、人生の優先順位は常に上位であり続けている。


だからこそ、この欲が叶わないと多大な苦しみとなって、眠れなくなったり、暴飲暴食、精神薬で誤魔化したりしてきた。


だから、既婚者の女性の話は性欲を煽っているだけで苦しみが増すだけとなる場合が多々ある。


相手がどういうつもりとか関係なく、私の捉え方の問題だろう。その捉え方を変えるには、原因を探ってトラウマとなっている出来事を顕在意識まで浮上させて解消させるしかない。


彼女がいてて定期的にセックスしてる状態の時は精神が安定している。過食もしないし酒も飲まない。


逆に言うと、してないと精神が不安定であり続けている。今現在がその状態で長期化している。


こういった考え方、思いを理解された事が無い。特に女性には。でも現状そうなのだから無視していると悪化するだけだ。


色々と調べていると、虐待された経験が影響しているのは間違い無い。逆に家庭環境が良い人ほど異性に依存しないし精神が安定している人が多い。


因みに、こういうことに関して精神科医はど素人だと思う。


医師からすると、朝起きて、仕事に行って、夜は眠れていると病気では無いらしい。だから、仕事帰りに自殺したり人を殺すのは、精神病にはならないようだ。


承認欲求については、性欲にも繋がる他者との関わりと自己承認というのがある。


鬱病の人は自己承認が上手くいっていない人が多い。他人が何を言おうと、私は私を無条件で受け入れて信頼しているというのを自分が納得いくまで伝えていく。


今のままで変わる必要など無いというのではなく、改善が必要な場合は改善したくなり、努力が必要な場合は忍耐強く努力が出来る素晴らしい能力を私は持っていると、自分で自分を認めてあげるのだ。


まだまだ中途半端だけど、物欲と食欲の次は承認欲と性欲が自分の納得のいくかたちで解放されて苦しみが無くなるように、色々と調べて実践していく。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。