性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

1時28分

少しの間であれ、縁があって出会ったのだから幸せになって欲しいと思う。


そして、この思いが過ちを犯す。


まず、私とメンヘラ女の幸せというのが全く違う。


そして、女性脳に対して男性思考を押しつけるから嫌われてしまう。


例えば、私は煙草が嫌いだけど出会った女性が煙草吸っていても、吸うのやめろとは言わない。


何故なら、吸うのを知っていて会っているのだし、知らなかったなら煙草をやめさせるのではなく、自分が帰るという選択をするべきだと思っているから。


女性との会話の中で、


メンヘラ女『煙草やめたいなぁ』


この発言で、私は嫌われる行動をしてきた。


女のこの発言は、煙草をやめたいのではなく、ただ言いたかっただけに過ぎない。


だから正解は、適当な相槌で『やめれたらいいなぁ〜、俺もそう思う』というのが正しいのに


煙草のやめ方を熱心に語り、


『色々なやめる方法があるから1つ1つ実践して自分に合うやめ方を探していこう』


と言ってしまうのだ。


これは、引っ越ししたい、転職したい、精神薬をやめたい、家族が〜、彼氏が〜、など


全部、ただ言いたいだけで、適切なタイミングで共感コメントをするのが正解なのだ。


でも、言葉を鵜呑みにして解決策を提示してしまう。


そして、相手は私の話などまともに聞かなくなり、やがては離れていく。


何が悪いのか全くわからなかった私は、物凄く不快で、苛々して、精神がやられて、身体の体調も悪くなった。


私とメンヘラ女、多くの場合は男と女にも共通してるけど


求めているものが全く違うのだ。


男は解決策、女は共感で、女に解決策を提示しても「この人わかってくれない」と思われて嫌われる。


男に共感を示しても、欲求不満で苛々してくる。女は男に、共感ではなく尊敬を示した方が男は楽しくなる。


「凄い」、「流石」、「よく気づいたね」、「頭良いね」など。


男は女に解決策ではなく、


「よくわかる」、「俺も〜」


と言ってた方が関係はスムーズだ。


だから、物凄く意識して接しなければ過ちを犯す。


そして嫌われる。


嫌われないようにしてても、気遣いがかなりのストレスとなる。


時々、男に合わせるのが凄く上手い女がいてるけど、当然既婚者や彼氏持ちであり


メンヘラ女に、このような発想など無い。


メンヘラ女は、自分を変えたいのではなく、変わろうと言ってるだけの自分が好きだから、この辺りを上手く流さずにまともに取り合うと、物凄く苦しくなる。


だから、何故苦しくなるのか考察した。


これは、私の承認欲求を満たしたい行動で、承認欲求が満たされないから苛々して苦しくなるのだ。


簡単に言うと


『あなたのおかげで良くなった』と笑顔で感謝されたいという欲なのだ。


それを満たしたいからの行動なのに、満たされないから物凄く苦痛を感じる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。