性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

6時57分

この世界に順応して、頑張って生きていくうちに、どんどん心が汚れていくように思う。


金と権力にしがみついてる奴らが政治家となって社会の制度を作っているから、


自分のやりたい事や人の為になる事だけで生計を立てる事すら難しい。


体を壊すまで仕事を強制されたり、競合他社より利益を上げる為に詐欺まがいな事を強制されたりもする。


欲を追いかけた結果や制度の矛盾を考えずに、好き勝手生きてる奴らが迷惑をかけてくる事も多い。


そんな社会で生活をしていくと、やっぱり汚れてくる。


純粋なきれいな心を水に例えると、欲からの不快感、嫉妬や怒りなどの不純物を少しずつ取り除いていかなければならない。


精神の薬、娯楽とされてる漫画やゲームなどは汚れを取り除くのではなく、


水を掻き回してよくわからなくさせてるだけだ。


不純物の濃度がよくわからなくなって、一時的に気分が良くなったように感じても、回転はやがて止まり、汚れはそのまま残り続けている。


より強い薬や娯楽を探し追いかけ、結局は苦しみ続ける事になる。


この世界は出来る事もあるし、出来ない事もある。


出来る事も時間がかかり、出来るようになった頃にはやりたい気持ちが失せていたりする。


だから、いかにバランスを取って納得するかだろう。


してもしなくてもどちらでも構わないという心境になりたい。


食べたいから、食べられないと苦しくなる。


食べても食べなくてもどちらでも構わない、どちらでも楽しめるなら、どういう結果になっても、ただ楽を感じていられる。


食欲、睡眠欲、性欲、承認欲、物欲、金銭欲、支配欲など


全ての欲が叶っても叶わなくても、どちらでも構わない、どちらでも楽しめるという心境になれれば、この世界で人生を送っても、ただ楽を感じていられるだろう。


最終的には、生きていても死んでもどちらでも構わないという心境になりたい。


生きる事に執着しているから、こんなにも苦しいのだから。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。