性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

Twitterが有るから若者が自殺するという政府

どっかの誰かが遥か昔に作った価値観に縛られて生きるのが本当に煩わしいです。主に仕事内容と収入面で。現代社会に合ってない価値観も多いし、理不尽な社会情勢に苦痛を増大させるだけな場合も多いです。


はっきりと答えが出ているのが、若者の自殺です。政府がTwitter規制とかふざけた事言ってますが、政府が若者の希望を奪い絶望させる事ばかりしているのが若者の自殺の原因でしょう。


以前なら、収入で得られていた自尊心が今は無理です。社会でいらないと言われ、帰っても待ってる家族がいる訳でも無いのなら、生きていたいと思う事自体、難しいです。


今現在も、早く死にたいと思ってる人は多いのでは無いでしょうか?


極端な例だと、例えそこが戦場であっても、自分を必要としてくれるのなら留まりたいと思うでしょう。例えそこが戦場であれ、帰っても待ってる人も居場所も無いのだから。


例えDV被害に合うのでも、無視されるよりはましと。


親が無条件で子供を肯定してあげれば良いのにって私は思うのですが、両親というのは両親独自の価値観、主に仕事内容と収入で子供を計ってるように見えます。そして、子供の価値観に見向きもしません。


自分や教師や周りの大人達が子供をどう見てるのかではなく、子供自身が自分自身についてどのように考えているのかを知ろうとするのが親という存在であって欲しいと私は思うのです。


私の視野が狭いだけかもしれませんが、子育てについて真剣に考えてる人ほど不妊に悩んだり結婚出来ていなかったりしてるように思います。そして子供を殺害するような親元に子供が産まれています。


この世界というのは理不尽で出来ています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。