性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

去年の10月

父が入院して、退院して、2日目に救急車呼んで病院行って再び入院して


深夜に病院から電話かかってきて、病状が悪化しているとの事。


腹痛が激しいのと下血、そして貧血が激しいらしく輸血をするのと、本人が苦しいと言っているので人口呼吸器をつけるかどうかという話だった。


そして、呼吸器をつけない場合に心臓が止まる可能性もあるので今直ぐ来てくれとの事。


人口呼吸器つけると、死ぬまで放置で医師にも外す権限無いんだったかな?良くなるならともかく、癌は進行するだけのようだし。


引っかかるのは、今日の夕方に母は見舞いに行ってるのに、何故帰らせたのか?


そして、電話かかってきたからと言って断る選択肢を何故選ばないのか?だ。


私が高熱で苦しんでいる時に、氷水をかけて真冬のベランダに立たせてくれたので、熱が有るのなら同じようにしてあげれば良くなるだろう。


私が頭を6針縫った翌日に、糸全部切ったると言いながらハサミを向けて来た事とか思い出した。抵抗したので、縫った直後の患部を殴られた。


父は、持ち直すかもしれないしくたばるかもしれないけど、


私は病院に行く気は全く無くて、兄も行く気配が全く無い。


母が入院した時は、2週間だけだったけど兄は毎日見舞いに行ってたのに…。


親に甘やかされて育って来た奴らは、虐待による精神被害が理解出来ないから見舞いに行けとか言いそうだけど、


そいつらは自分を何度も殺そうとした犯罪者の見舞いに、積極的に行くのだろうか?


父に育てられた、生活費を出してくれたという思いが全く無い。


例えば、子供を気が済むまで殴りたいから用意してくれと言ったらいくら払えば用意する?


当然違法だけど、用意するとしてもかなりの高額を要求するだろう?


それを、一切金を出さずにやって来た加害者という認識しか無い。


父はいまだに迷惑をかけてくれている。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。