性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

病み

1人ぼっちは恐いけど、周りに合わせる事の方が恐かった。


思春期に培ったのが、周りの人は私を破壊して殺そうとしているという価値観だったから。


周りに合わせるという、現代社会で多くの人達が抱えている事に合わせる気になれなかった。


結果、孤立して孤独になった。


その孤独感は現在も引き続いている。


周りが幸せそうに見えて、自分だけが取り残されたように感じるというのは単に主観で見てるだけで


どんなに容姿が良い金持ちでも劣等感というものがある。


人は、それぞれに不幸を感じながら生きている。


そして、他人にどう見られるかよりも自分がしたい事を優先する方が大切だ。


これを、現代の義務教育を受けて育った日本人には理解し難いようで


簡単に変人のレッテルを貼ってくれる。


親、教師、周りの大人から間違えた生き方をしていると言われ続けて


社会に出れば、その価値観で生きている奴に人事権があったり上司だったりする。


結局は、


いかに自分を押し殺して社会にあわせるかが最優先になる。


そうして、人の精神は壊れていく。


鬱、自殺、抑圧された怒りの爆発で殺人や暴力などの行動へと進む人もいる。


みんな、何が原因でそうなったのかを洗脳が効きすぎて理解出来ていない。


精神科医なんかは、更なる洗脳強化をしてくれているようにしか見えない。


そして、親、教師、精神科医自身も


言動に矛盾を感じながらも他の術を知らなくて、無理やり価値を見出そうとする。


それは、相手を支配する事や過剰な金儲けだったりが多い。


性犯罪の多くは、性欲ではなく承認欲求からきている。


だから、金でどうにかなる風俗などに行けば済むという問題では無い。


過剰に金儲けにはしるのも、そうやって低収入を見下さないと精神が保て無いからだ。


収入=自分の価値となっているのだろう。


人は、それぞれに不幸を背負って生きている。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。