性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

6歳

うさぎドロップって漫画読んでる。人気あるらしくて有名だからタイトルは知ってたけど意識的に避けてた。最近は子育ても良いかなと思う事が多いし読んでみた。


世の中の人達で、子供を持ちたくて良いタイミングで親になった人ってどのくらいいてるのだろうか?欲しくても出来ないから不妊治療頑張ってる人も多いと聞くし、仕事や収入など生活の準備が全く出来ていないのに彼女(又は自分)が妊娠したという話も聞く。


私自身、仕事してて生活がなんとかなってる時には彼女いなくて、彼女いてて同棲とかしたいと思ってる時には収入が低くていい仕事も決まらなかった。(私の年代的にめちゃくちゃ不景気の頃)


なんの準備も出来てなくて、勢いで子供を産んで育てて、自分の精神や環境を無理やり子育てに持っていった人の方が多いんじゃないかな。


そして、私としてはやっぱり未熟な親、毒親、虐待というキーワードで親子というのを考えてしまう。最低限、子育てに苦しくなっても子供に暴力奮っては駄目だろうという考えを私はしているのだけど、そう考えない親というのが存在しているのを体験から知っている。


私が6歳の頃、既に包丁で切られたり熱湯かけられたりしていた。


子育てしてる人は凄く大変だと思う。だから優しくしてあげられたらって思うし、その反面、独身で孤独な人を無視して全く配慮が無く中年童貞なんかは気持ち悪がられて差別される対象になったりもしている事から、こんなにも恵まれている相手に…って葛藤があったりもする。そんな風に考えて、物凄く疲れる。


どちらを選んでも勝ち負けとかないし、どちらを選んでも疲れるし、どちらを選んでも苦しいから、それならばほんの少しであれ人の苦しみが軽減される方を選んだ方が良いだろう。


どちらを選んでも、私は相変わらず孤独で、生きてる事が苦しい事に変わりないから。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。