性依存と女性嫌悪の日々

何かありましたら、moke396@macr2.comまでメッセージ下さい。

一人ぼっちが怖いから

10代の頃は映画をよく見ていたけど、あまり良い印象が無いのは登場人物に魅力を感じれないからだろう。以前、知人に物事を冷めた目で見過ぎだと言われた事がある。例えるなら、マジックショーを見に行ってるのに「どうせ種も仕掛けもあるのだから何も不思議じゃない」と。


家にはアル中のキチガイがいてて、その日を無事に過ごせるかどうか、今日は包丁で切りつけられないかどうかなどを心配するのが、私の普通で当たり前な日常だったから私よりも選択肢が豊富で努力するのが嫌だと喚いてる奴らと同じな訳ないから解り合えないと思った。進学の選択肢が無い私と、テスト勉強が嫌な奴とでは違うから。


父についてほんの少し語ると、『嫌なら家を出れば全て解決する』と言われた事がある。なので、『それ本気で言ってるなら、お前はかなり頭悪いぞ』と言ったら怒って喚きはじめた。『この程度で怒るなんて感情コントロールも出来ない未熟で頭も悪いだけ。自覚出来てる?出来てないから頭悪いんだぞ。』と言ったら、もう話しかけて来なくなった。彼はトラウマというものを全く理解出来ていない。


今思えば、彼に対する接し方は他の選択肢があったように思うけど、当時の心境で彼に合わせると余計なストレスが増しただけに思う。大人になってから、「1人ぼっちが嫌だから思った事も言えずに相手に合わせて来た」という人と話した事がある。私とは違う選択をしたその人も結局は悩み苦しんでいた。


今は、どんな環境で現状であれ、金持ちや容姿に恵まれていても、結局人は何かで悩み苦しんでいる。少なくとも、人間であるだけで老いと病と絶対に来る死の恐怖が無い奴なんていてない。それに、自分と合わない人間関係の悩みが無い奴の方が少数派だろう。


だから、自分の得意分野で人に貢献してあげたらほんの少しそれを苦手とする誰かの悩み苦しみが減るんじゃないかなと思っている。その為に、自分の悩み苦しみの種類や原因究明と得意分野の把握ぐらいはしておくべきだ。


わかりやすいのだと老いと病。10代の頃、自分が老人になるなんて想像もつかないから年老いた人がゆっくりと歩いてると邪魔だと思ったりしていた。若いと思うから傲慢になり、自分もやがては歳老いていくと思ったら老人に優しく出来るだろう。


同じように、健康だと障害を持ってる人や怪我している人を見かけても邪魔でうざいとしか思わない。自分も障害を持つ可能性はあるし、事故で足の骨を折って松葉杖や車椅子で出かける可能性も有る。その時、車椅子なら幅をとるし松葉杖でもゆっくりと動くから近くの人に迷惑をかけてしまうだろうという考えがあれば、邪魔でうざいなんて思えなくなる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・ブルーハーツ/THE BLUE HEARTS SUPER BEST 【CD】
価格:2072円(税込、送料別) (2018/9/1時点)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。